ヨドバシカメラの概要

1960年に、藤沢昭和(ふじさわ・てるかず)によって創業。創業当初はカメラや写真用品が主力であった。当初の出店形態(新宿・上野・横浜)は、交通至便なターミナル前の一等地の比較的小規模なビルにおいて、エントランスを開放し、フロア全体に多数の商品を同時に陳列・大量廉価販売する手法を採り、耳に残りやすい簡単な替え歌をテレビCMで流した。当時の宣伝では店名に「新宿西口」を冠し、地理不案内な客にも気軽に行ける店としてPRした。当時のカメラは1台数十万円もする高級品が多く、多少の電車賃・時間をかけたとしても、市価より数万円も安ければ十分メリットがあり、加えて商品の比較検討ができる優位性が消費者に浸透した。

その後は家電・パソコン・AV製品・玩具・ブランド品など取り扱い品目を大幅に拡大。仙台駅前店・仙台東口店を統合し増床移転したマルチメディア仙台(1997年3月)を皮切りに、従来店舗よりも店舗面積を大幅に増床したマルチメディア館と呼ばれる形態に移行する。

駅ビルへの出店・鉄道高架下などの駅前立地を生かした店舗を続々と開店する中、2001年11月には、大阪駅北口の旧国鉄大阪鉄道管理局跡地の土地を買取り自社ビルを建設し、1500億円の費用を投資したマルチメディア梅田(ヨドバシ梅田)を開店した。1000億円以上の年間売上を持つ当店舗は[1]、単独店舗の売上としては日本一である。

その後も博多駅新幹線口に自社ビルを建設し出店したマルチメディア博多(ヨドバシ博多)、秋葉原駅東側・貨物駅跡地の土地を梅田同様に買い取って自社ビルを建設したマルチメディアAkiba(ヨドバシAkiba)、横浜三越跡地を半年かけて全面改装し西口五番街に分散していた売り場を集約したマルチメディア横浜(ヨドバシ横浜)、吉祥寺駅北側・吉祥寺三越跡の施設を取得し改装したマルチメディア吉祥寺(ヨドバシ吉祥寺)など、百貨店跡地や大規模用地を生かした駅前巨大店舗を続々と開店。2010年11月5日には、JR京都駅烏丸中央口前の旧近鉄百貨店京都店(プラッツ近鉄京都)跡地に自社ビルを建設し、マルチメディア京都(京都ヨドバシ)を出店した。

このような大都市駅前への積極的な出店形態はレールサイド戦略と呼ばれ、同業ではビックカメラ・ヤマダ電機(LABI)が同様の形態を取る。ヨドバシカメラは自社で土地を取得しビルを建設するケース・もしくは建物の跡地自体を買い取るケースが多いが、ビックカメラは他社所有の施設に賃貸物件(キーテナント)として入居するケースが多く、出店条件には違いが見られる。 ※ウィキペディア参照

☆京の香り漂う、お茶室がある「新スタイルの整体店」☆

心の楽園本舗 秋葉原店

TEL.03(5296)5562

※業務多忙の時は、電話に出られない時がございます。 ※予約優先。

〒101-0021 東京都千代田区外神田3-10-6 丸和ビルB1階

★JR秋葉原駅(電気街口)徒歩5分、東京メトロ銀座線 末広町駅(3番口)徒歩1分

★中央通り エクセルシオールカフェを曲がり、直進約50m。 1階は中古PC店。

PM12:00〜PM23:00(最終受付PM21:00) <月曜定休※祝日は営業>